オールドレンズの楽しみ

準備

世阿弥のことば
家、家にあらず。継ぐをもて家とす

家というものは、ただ続いているだけでは、家を継いだとはいえない。その家の芸をきちんと継承してこそ、家が続くといえるのだ、という意味のことばです。
世阿弥は、「たとえ自分の子であっても、その子に才能がなければ、芸の秘伝を教えてはならない。」といった上で、このことばを続けています。激しい競争社会の中、「家の芸」を存続させるには、このように厳しい姿勢が必要だったのです。
さまざまな分野で「二世」が闊歩する今日、この世阿弥の言は、もう一度噛み締める必要がありそうです。



G Planar T* 45mm F2  M9-P
[PR]
by micro43 | 2018-03-07 07:00 | G Planar T* 45mm F2 | Comments(4)
Commented by voyagers-x at 2018-03-07 11:35

おはようございます ! !
稼業を続ける、後世に伝える
大変ですよね
でも自分死んだら何も残らないので
今を一生懸命に生きれたらいいかなと思っていますが......
Commented by micro43 at 2018-03-07 11:44
voyagers-xさん
おはようございます
身近な所でも三代目で家業を継がない所もあります
先を見る目が無かったのかも知れません
少子化や多様化に付いて行くのが大変です。
Commented by izumi-suzuki at 2018-03-07 21:35
伝統文化を伝える家業の方は、やはり背負うものが大きいのでしょうね。
我が家は家業というものはなくて、みんなそれぞれに自分に合うように人生設計をしているところがあるので、そういう責任を背負って家業を継承しなければなならないのは、さぞかし大変だろうなと思います。
お写真は麦畑? 街中の小さな畑でも、守ってくださると、なんだか応援したい気持ちになります。
Commented by micro43 at 2018-03-08 20:37
izumi-suzuki さん
この土地は田んぼで麦は植えてありません
麦ですと10cm位伸びています
ここの地主は農業専業で広い町内で1軒だけです。