オールドレンズの楽しみ

椎茸

お隣から椎茸を頂きましたこれから食べ頃になります

全体像
椎茸


シイタケは日本、中国、韓国などで食用に栽培されるほか、東南アジアの高山帯やニュージーランドにも分布する。
日本では食卓に上る機会も多く、最もよく知られたキノコの一つである。
自然界では、主にクヌギやシイ、ナラ、クリなどの広葉樹の枯れ木に発生するが、希にスギなどの針葉樹にも発生する。
短い円柱形の柄の先に、傘を開く。
枯れ木の側面に出ることも多く、その場合には柄は大きく曲がる。
傘の表面は茶褐色で綿毛状の鱗片があり、裏面は白色で、細かい襞がある。
子実体の発生時期は初夏と秋で、適温は10~25℃と幅があり菌株によって異なる。


EPL-1+APO-LANTHAR 90mm F3.5 SL CLOSE-UP LENS F/5.6 1/125 ISO250 スポット 絞り優先 露出補正 0

[PR]
# by micro43 | 2010-11-07 11:04 | Comments(0)

真鯛

釣に行って大漁だったと云って近所の人から頂きました。
真鯛


E-PL1+Micro-NIKKOOR 55mm 1:3.5 F/3.5 1/00 ISO250 スポット 絞り優先 露出補正 0

[PR]
# by micro43 | 2010-10-24 09:26 | Comments(0)

庭のコスモスに

1002d754bf4151a982cc1726a897e8c" width=600"border="0" alt="蝶" />

E-PL1+MINOLTA ROKKOR-PF 58mm F1.4 F/1.4 1/2000 ISO125 スポット 絞り優先 露出補正 0

[PR]
# by micro43 | 2010-10-10 21:49 | Comments(0)

あけび

お隣の山から採って来られ写真用にと頂きました
あけび

Summicron-R 50mm/F2
あけびはつる性の植物で、紫色の実を付け、木の実は熟するとパカっと口を開けたように割れます。
市場に出回っているあけびが割れていないのは、割れてしまうと商品価値がなくなるので、完全に熟する前に収穫してしまうといったところでしょうか。
あけびは、割れた紫色の果実の中の白い部分を食べます。
この白い部分が熟して半透明のようになってくると、食べ頃となります。
あけびの白い部分には小さな黒い種が多く、甘いのですが結構食べにくいです。


ESO 5D+Summicron-R 50mm 1:2 F/2 1/125 ISO200 スポット 絞り優先 露出補正 0

[PR]
# by micro43 | 2010-10-06 11:36 | Comments(0)

新米

御近所より今年の新米頂きました。
生産地は不明
新米

Summicron-R 50mm/F2


ESO 5D+Summicron-R 50mm 1:2 F/2 1/500 ISO800 MF 絞り優先 露出補正 0

[PR]
# by micro43 | 2010-10-04 16:45 | Comments(0)

秋の味覚

梨、ぶどう、いちじく

秋の味覚



EOS5D+Elmarit-R 1:2.8/28 F/4 1/40 ISO400 MF 絞り優先 露出補正 0

[PR]
# by micro43 | 2010-09-16 14:56 | Comments(0)

無花果

いちじく

Elmarit-R F2.8/28
「無花果」の字は、花を咲かせずに実をつけるように見えることに由来する漢語で、これにイチジクという熟字訓を与えている。
初夏、花軸が肥大化した花嚢の内面に無数の花をつける。
このような花のつき方を隠頭花序(いんとうかじょ)という。
雌雄異花であるが同一の花嚢に両方の花をつける。
栽培品種には雄花がないものもある。
自然では花嚢内部にはイチジクコバチが生息し、受粉を媒介する。
日本で栽培されているイチジクはほとんどが果実肥大にイチジクコバチによる受粉を必要としない単為結果性品種である。


E-PL1+Elmarit-R 1:2.8/28 F/4 1/100 ISO3200 MF 絞り優先 露出補正 0

[PR]
# by micro43 | 2010-09-01 15:56 | Comments(0)

フウセン葛

フウセン葛

Carl Zeiss Jena TESSAR 50mm/f2.8 ゼブラ
マウント M42マウント
画角 45°
構成枚数 3群4枚
最小絞り F22
最短撮影距離 0.5m
フィルター径 49mm
最大径×長さ 64 × 36 mm
重量 150g
発売日 1950年代

大人気の標準レンズです。このレンズ名を知らない人はいないほど、有名なレンズです。 嫌みのないシャープさは、さすがテッサーと思える描写です。



E-PL1+Carl Zeiss Jena TESSAR 50mm/f2.8 ゼブラ F/4 1/125 ISO200 MF 露出補正 0

[PR]
# by micro43 | 2010-08-29 09:09 | Elmar 3.5cm f3.5 | Comments(0)

百日紅

撮影場所:松井歯科
百日紅

Canon EOS 5D+Summicron-R 50mm/F2 1/1600 ISO320 絞り優先 露出プログラム-0.3

なめらかな木肌は、樹皮が定期的にはがれ落ちるため。
開花期は、同時に樹皮が剥がれ落ちるシーズンでもある。

ミソハギ科 落葉小高木原産地 中国南部
高さ 2~9メートル前後
花期 7~9月 花色 白、紅の濃淡、ピンク
[PR]
# by micro43 | 2010-08-21 16:48 | Comments(0)

百合

庭の百合

百合

NIKON D40
NIKKOR 55mm F1.2
1/1600 ISO 200
中央重点測光
露出モード 0



[PR]
# by micro43 | 2010-08-13 09:42 | Comments(0)

野菜

お隣から貰った野菜
野菜

Canon EOS 5D
+Summicron-R 50mm/F2
1/100 ISO320 絞り優先 露出プログラム-0.3



[PR]
# by micro43 | 2010-08-12 16:33 | Comments(0)

百合

庭に咲いた百合
百合

OLYMPUS E-PL1 + NIKKOR 55mm F1.2
1/2000 ISO100 パターン 絞り優先 露出プログラム 0

アジアを中心にヨーロッパ、北アメリカなどの亜熱帯から温帯、亜寒帯にかけて広く分布しており、原種は100種以上を数える。
山岳地帯を含む森林や草原に自生することが多いが、数種は湿地に自生する。
一般的に、石灰質でない弱酸性の土壌を好む。
代表的な種に、ヤマユリ、オニユリ、カノコユリ、ササユリ、テッポウユリ、オトメユリなどがある。
[PR]
# by micro43 | 2010-08-12 09:06 | Comments(0)

霞学区盆踊り大会

やぐら

OLYMPUS E-PL1 + NIKKOR 55mm F1.2
1/60 ISO1600 パターン 絞り優先 露出プログラム 0


[PR]
# by micro43 | 2010-08-07 19:45 | Comments(0)

紫陽花

紫陽花

OLYMPUS E-PL1 Vario-Sonnar T*40~80mm F3.5
F5.6 1/400 ISO-200 パターン 絞り優先 露出プログラム +0.3

雪の下(ゆきのした)科。
学名 Hydrangea macrophylla form. macrophylla(紫陽花)

「紫陽花や 藪(やぶ)を小庭の 別座敷」 松尾芭蕉

「紫陽花の 末一色(すえひといろ)となりにけり」 小林一茶

「紫陽花や はなだにかはる きのふけふ」 正岡子規

ここにも
[PR]
# by micro43 | 2010-06-24 13:54 | Comments(0)

アジサイ ’アナベル’

アナベル

OLYMPUS E-PL1 Distagon 35mm F2.8
1/125 ISO320 パターン測光 絞り優先 露出プログラム 0

アジサイ ’アナベル’ 科名 ユキノシタ科

アナベルとは
[PR]
# by micro43 | 2010-06-22 18:27 | Elmar 3.5cm f3.5 | Comments(0)