オールドレンズの楽しみ

韮の花

R-D1sの修理対応期間は終わっていました
発売日:2006年3月
修理対応期限:2016年9月30日
壊さないように使用しないと・・・・

因みに
R-D1xGは
発売日:2009年4月
修理対応期限:2021年3月31日



G Planar T* 45mm F2  R-D1s

R-D1は、2004年にセイコーエプソンから発売された、世界初のレンジファインダー式デジタルカメラの名称で
RはRange Finder、DはDigital Cameraの頭文字を
2006年にはR-D1s
2007年にはレンズセットモデルR-D1sL
2009年には後継機R-D1xGが発売された
[PR]
by micro43 | 2017-09-15 07:00 | G Planar T* 45mm F2 | Comments(6)
Commented by voyagers-x at 2017-09-15 10:15
おはようございます!!
修理対応期限が過ぎた後はどうすればいいのでしょうね
どこかで修理してくれるのでしょうか
ずっと使い続けたいですよね
そういうカメラって、特にデジタルカメラは難しいですね
唯一、Leicaはもしかしたらずっと修理対応をしてくれるかもしれませんね

Commented by micro43 at 2017-09-15 11:06
voyagers-xさん
おはようございます
持っているカメラは昨年で対応期間が切れました
修理はどこかがやってくれると思いますが
エプソンの営業力の弱さかと思います
その点ライカは需要も有りメーカー以外でもしっかり修理しているようです。
Commented by minton at 2017-09-16 10:38 x
僕はR-D1ですから、もう修理してもらえないんですね。
壊れたら御仕舞い。さびしいです。大事に使います。
韮ですね。
Commented by micro43 at 2017-09-16 14:46
mintonさん
EPSONがフルサイズも作るのではないかと云われていたのに後継機も作らないとは残念です
RFカメラはライカだけですので大切に使って行きたいと思います。
Commented by 川越 at 2017-09-18 17:15 x
今の時代10年も修理してもらえるだけでも喜ばないといけないんでしょうね。フィルム時代なら半世紀なんて問題ないくらい修理できたんでしょうけど、デジタルはパーツがなければおしまいですよね。大事に使ってもいつかは壊れるものだし、時代とはいえ寂しいものです。
Commented by micro43 at 2017-09-19 06:15
川越さん
デジタル化になって修理より買換える方が安くなってしまいました
大量生産の大量消費の流れになってしましました
しかしRFカメラに抵抗して欲しいと思いますが無理のようです
壊れないように大切に使っていきたいと思います。