オールドレンズの楽しみ

ばら

1931年製のレンズでも結構写ります
ノンコートですが曇っていたのでフレアはあまり入りません


Hektor 5cm F2.5 沈洞(L)1931年製  レンズ構成:3群6枚 R-D1s
[PR]
by micro43 | 2017-05-11 07:00 | Hektor 5cm F2.5 | Comments(6)
Commented by 川越 at 2017-05-11 17:42 x
スイターもいいけど、ヘクトールもいいですね。エルマーのように古いレンズは、少ないレンズ枚数でも独特の写りがあるように思います。ヘクトールは2本、エルマーも旧エルマーを含めて3本使い、どちらも大好きなレンズでしたが、財政難で手元から離れてしまったのが残念です。もういい状態のレンズはなかなか見ることができないですね。
Commented by micro43 at 2017-05-11 20:55
川越さん
少ないレンズのオールドレンズは独独の味があると思います
ライカ最近のレンズも枚数が少ないがかなり高額のレンズが売り出されています
国産のレンズとは大きな違いが出ているようです。
Commented by minton at 2017-05-11 21:48 x
このレンズすっきりといい絵を出してきますね。
僕はオールドレンズはほとんど持っていません。
あるのはズマリットだけです。
昔のレンズのほうが個性があって愛着がわきますね。
Commented by micro43 at 2017-05-11 22:11
mintonさん
今のレンズよりライカオールドレンズは個性があると思います
タンバールとかヘクトール7.3cmの個性は信じられないレンズと思います。
Commented by voyagers-x at 2017-05-12 10:46
おはようございます ! !
1931年製のレンズ!!
すごいですね
なんだか歴史のロマンを感じます
どういう人がこのレンズを使っていたのだろう......

Commented by micro43 at 2017-05-12 11:02
voyagers-xさん
おはようございます
85年前からいろいろな人の手で撮影された事を思うと長い歴史を感じます
ノンコートですがそれなりに使っています。