オールドレンズの楽しみ

遊園地


W-NIKKOR・C 3.5cm F2.5 黒帯(後期型) M9-P

発売昭和27年(1952年)重量115g(黒)

このレンズはガウス型のレンズ設計で、当時しては最も明るいレンズであり
比較的安価であったため非常によく売れたレンズと言われています

夕方5時ごろのカラーの画像ですと違った色ですからモノクロとカラーで撮影しています

今日から2月です、寒さに耐えて暖かくなるまで辛抱です

[PR]
by micro43 | 2017-02-01 07:00 | W-Nikkor 35mm F2.5 ( | Comments(4)
Commented by voyagers-x at 2017-02-01 11:21
おはようございます ! !
最近の子供は家の中で遊ぶ事が多くなりましたね
昔は公園によく行ったのに........
誰もいない公園は少し寂しさを感じますね

Commented by micro43 at 2017-02-01 12:06
voyagers-xさん
おはようございます
近くにいくつか遊園地が有りますがどこも子供の姿が見られません
寒い事もあるし子供の数が絶対的に少ないようです。
Commented by sink_jpn at 2017-02-02 08:49
おはようございます
閑散とした冬の公園って、それ自体、何だか物悲しさを感じますね~
でも、それが絵にもなりますね♪
Commented by micro43 at 2017-02-02 10:04
sink_jpnさん
過疎地では無いのですが近所で小学生の姿をほとんど見ません
何処で遊んでいるのか見当が付きません
やはり遊園地では子供の姿があっての遊園地と思います。