オールドレンズの楽しみ

水 仙



ジュピター8  Jupiter 50mm F2  M9-P

このレンズのシリアルナンバーは6300万台ですから、1963年に製造されたことが分かります。
この時代の旧ソ連製カメラ/レンズはシリアルナンバー頭2つが製造年となっており、非常に分かりやすいです。
ツァイス製やシュナイダー製レンズの製造年はこんなに簡単には分かりません。

1963年製のレンズとはずいぶん古いものだなあ、と馬鹿にすることなかれ。
1963年頃というのは、旧ソ連にとっては栄光の時代です。
初の女性宇宙飛行士テレシコワがヴォストーク6号で地球を周回し、「私はカモメ」とやったのがこの年でした。
アメリカがどれだけ頑張ってロケットを作ろうと、すべての分野でソ連に先駆けられ後塵を喫する、
それが1955年~1965年あたりの宇宙開発競争の実態でした。
栄光のソビエト連邦共和国の時代です。
[PR]
by micro43 | 2016-01-15 06:00 | Jupiter 50mm F2 | Comments(6)
Commented by voyagers-x at 2016-01-15 08:57

おはようございます!!
十分素敵な描写ですね
きちんと管理されて大切にして使えば
かなりの年代物でも大丈夫ですね
歴史のロマンを感じながら撮る喜びを感じることができそうですね

Commented by micro43 at 2016-01-15 09:47
voyagers-xさん
おはようございます
ソ連系のレンズがこんな写りをするとは全く思っていませんでした
モノクロでもきっと良い結果が出ると思います。
Commented by cobag2 at 2016-01-15 11:39
最近ロシアンレンズをお使いになるブロ友さんが多くなりました^^
それぞれに特徴のあるロシアンレンズですが結構デジタルでは
出せない味を持った写りをしてくれるのが興味深いです。
Commented by micro43 at 2016-01-15 12:16
cobag2さん
かっては馴染の無いレンズだったと思いますが
意外なレンズが有ると思います。
Commented by minton at 2016-01-15 18:29 x
このレンズ、使ってみたいと思いながら縁がないです。
友人からズマリットかジュピターどちらかを貸してくれるとお声をかけて頂き、ズマリットを借りたら、プレゼントしてくれたんです。
それが僕のファーストライカ。
ツァイス系のジュピターにもかなり憧れましたが、ズマリットを使い続けております。
1963年。この年になるとそんなに昔という感覚がなく、東京オリンピックや平成天皇の御結婚の前年という感覚で、記憶は鮮明です。
Commented by micro43 at 2016-01-15 22:18
mintonさん
mintonさんにはレンズに色々な思い出が在るのが分りました
恐らくライカカメラにも有ると思います。