オールドレンズの楽しみ

凌霄花 (のうぜんかずら)

「凌霄花」は漢名からで
「凌」は”しのぐ”、 「霄」は”そら”の意味で、つるが木にまといつき天空を凌ぐほど高く登るところから、この名がついたそうです
近所に咲き毎年被写体となってくれます


Hektor 7.3cm f1.9 M9-P
1993年 最短撮影距離 1.5mという使いにくいレンズ
[PR]
by micro43 | 2014-06-25 06:00 | Hektor 7.3cm | Comments(6)
Commented by hakutou5 at 2014-06-25 13:41
こんにちは。
撮影距離1.5Mというのは使いずらいでしょうね。
マウントアダプターが届きましたカメラはまだです。
レンズ→カメラの情報の伝達はできないようですね。
Commented by yuki at 2014-06-25 17:17 x
micro43 さん、こんばんは。
 のうぜんかずら 難しい漢字ですね。
  読めません(汗)
Commented by minton at 2014-06-26 10:06 x
このはなの名前、こんな難しい漢字だったんですね!
Commented by micro43 at 2014-06-26 16:22 x
hakutou5さん
最短撮影距離1.5Mは非常に使い難い距離です。
せめて1Mでも好いかと思っています。
当時としては大口径レンズですから仕方ないのかも。
Commented by micro43 at 2014-06-26 16:25 x
yukiさん
この漢字をすぐ読める人まずいないかも知れません。
Commented by micro43 at 2014-06-26 16:27 x
mintonさん
漢字の意味からでしょうが考えた人に聞いてみたいもんです。