オールドレンズの楽しみ

街の林

二階のベランダから2~30m程の所に林?が有ります。
どうも手入れは全くしてない様子で朝6時ごろから蝉の大合唱が始まります。
8時頃からは家の木でも蝉が鳴き始め水をかけて追い払いますが逃げた蝉が
また戻って来るという始末です仕方ないので硝子戸を二枚絞めてやっと耳触り亡くなります。
戸を開くとまたやかましくなり締めるの繰り返し(;O;)
夏場はあきらめが肝心でしょうか。


 CANON 100mm f3.5 Ⅱ(L)  M9-P

このレンズは

発売年月 1958年(昭和33年)4月
発売時価格 22,000円
レンズ構成(群) 4
レンズ構成(枚) 5
絞り羽根枚数 15
最小絞り 22
最短撮影距離(m) 1
フィルター径(mm) 34
最大径x長さ(mm)x(mm) 44 x 69.5
質 量(g) 184

軽いのが(^_^;)
[PR]
by micro43 | 2013-07-26 09:30 | CANON 100mm f3.5 Ⅱ | Comments(4)
Commented by 川越 at 2013-07-26 11:52 x
私もオートヤシノンの10センチ、F2.8というレンズを持っています。「使っている」と言い切れないのがちょっと・・・ですが、たまに使うと「やっぱりいいなぁ」と感じて、本棚にもどします。あまり出番はなくとも、お気に入りのレンズは良いものです。
Commented by micro43 at 2013-07-26 13:10 x
川越さん
滅多に使いませんが軽いのが良いと思います。
旅行に持って行こうかと思っています。
また皮ケースに入っています。
Commented by 川越 at 2013-07-26 19:25 x
このキャノンのレンズは、一番軽いレンズを目標に作られたんですよね。なのでマウントは真鍮でも、他の部分はアルミで作り、レンズも作れるもっとも薄い厚さで設計したと読んだことがあります。旅行にはピッタリですね。
Commented by micro43 at 2013-07-26 21:04 x
川越さん
有難うございます。旅行には軽いが一番です。
少し短ければ、無理でしょうか。